狙い目の中高年求人はコレだ!

おすすめの求人は?

中高年の転職活動は職務経歴書がもっとも重要!

「くどい」くらいで丁度良い職務経歴書

「くどい」くらいで丁度良い職務経歴書

転職の際に必要となる、職務経歴書ですが、これの書き方に悩んでいるという方も少なくありません。職務経歴書、実は少し「くどい」ぐらいがちょうどいいのです。

履歴書とは違う職務経歴書

転職をする際には、まずは履歴書、そして職務経歴書の提出を求められます。履歴書の場合、どんな求職者でも大体が似たようなものとなり、そこで強く自分をPRするというのは難しくなります。非常識ではないように心がける必要がありますが、自己PRをするのは、なかなか難しいでしょう。
しかしこれに対して、職務経歴書は違ってきます。職務経歴書は求職者の違いや、また特徴が表現される書類となります。また、面接官、プロなどが注視するものとなります。この職務経歴書が他の求職者と似たようなものであれば、やはり面接では不利になってしまうのです。

相手の立場に立ち記述する

まず、職務経歴書を記入する場合、相手の立場で考えることが必要となります。まず第一として、自分のキャリアなどをすべて記入するというのは、当たり前のこととなります。また、それを読み手などにしっかりと理解してもらうことを考えなければいけません。
さらには、自己PRをするためにも、長い文章でしっかりと記述することがおすすめです。求職のための職務経歴書というものは、報告書のようにシンプルに記入する方もいます。しかし、一度も面識のない相手に歴史を知ってもらうための書類となりますので、「くどい」ぐらいが良いといえるでしょう。

職務経歴書は自分の分身である

このため、職務経歴書はアピールすることができる書類となりますので、ある低の長さの説明などを書き、くどいぐらいでちょうどいいといえるでしょう。履歴書とは違い職務経歴書の場合、存分にまずは自己アピールをしていくべきなのです。
まず、職務経歴書は自分の分身であると考えることが必要となります。採用側は、職務経歴書と履歴書の書類だけを見て、判断することとなります。そのため、まずは相手の立場に立ってみて、書類を作成するということが大切です。たとえば、抽象的な書き方などはあまりおすすめできません。多少長くても良いので、長い文章で出来る限り詳しく記入することを心がけることが大切なのです。
自分が以前の仕事場でどのような仕事をしてきたのか、その具体的な業務であったり、または仕事においての成果などを相手側がしっかりとイメージできるように、工夫して記入するということが必要となります。 今までのあなたの成果と言うものをPRすることが必要となりますので、具体的な業務や成果を相手にまずはイメージする事が必要となります。

中高年の方におすすめの記事

ページトップへ

Copyright (C) 2015 狙い目の中高年求人はコレだ! All Rights Reserved.

狙い目の中高年求人はコレだ!