狙い目の中高年求人はコレだ!

おすすめの求人は?

中高年の求人探しは未登録の転職サイトを探し出すことから

未登録サイトを探し出す

未登録サイトを探し出す

転職先が中々見つけられず、まるで引きこもりのようになり、劣等感や自責の念が湧いてきて、社会的な生活から遠ざかってしまっている…そんな中高年の方もいらっしゃるかと思います。この状況を打ち破るにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは転職や再就職を成功させるための、転職サイトの有効な活用の仕方について解説していきます。

まずは未登録の転職サイトに登録

転職できず、求人も見つからない状況を変えるためには、まずは未登録の転職サイトを探し出して登録する事から始めます。そうすればよりたくさんの転職のプロに自分の事を知ってもらい、直に会ってアドバイスを受ける機会を増やせるからです。また転職や再就職の条件も広げて(単身赴任OKなど)、多くの求人に目を通すことも大切です。本当に応募するかどうかは詳細を見てから決めれば良いのです。そうする事で、実際に転職サイト2社からオファーを受けて再就職を果たした方もいらっしゃいます。
まずは自分の存在を知って貰わなければ何も始まりません。転職活動に行き詰まりを感じているなら、より多くの転職サイトや転職エージェントに登録することが打開策になります。マイナスになる事は何もないので、可能性を広げるためにもとにかくどんどん登録しておきましょう。

積極的に自己アピール

転職サイトのキャリアカウンセラーやヘッドハンターの目に留まり、転職や再就職を成功させるには積極的な自己アピールが必要となります。中高年が就職活動する際には「職務経歴書」を提出するのが普通ですが、それに加えて自分で自己PRの資料を作って一緒に提出するのが有効です。積極性が感じられて好感を持ってもらえるし、自分の経歴の詳細が転職サイトと求人を出している企業の両方に伝わるからです。
英文の職務経歴書については、キャリアカウンセラーによって意見が分かれます。日本語のものと同じ内容にするべきと言う人もいれば、日本語のものとは内容を変えて更なる自己PRを、という人もいます。どちらを選ぶかは応募先の会社に合わせて、担当のキャリアカウンセラーやアドバイザーの意見を仰ぐのが良いですが、いずれの場合も別に自己PRの資料を用意して提出することをおすすめします。
例としては、「業務履歴書」など「職務経歴書」とは違う名前で自己PR資料を作って提出して、転職サイトや転職エージェントへ登録します。こうしておけば転職サイトの担当者から、PR資料の内容の確認のため問合せが来ます。キャリアカウンセラーやアドバイザーに資料の内容について詳しく見てもらって添削を受ければ、応募先の企業へより良いPRが出来て、採用率のアップに繋がることでしょう。

中高年の方におすすめの記事

ページトップへ

Copyright (C) 2015 狙い目の中高年求人はコレだ! All Rights Reserved.

狙い目の中高年求人はコレだ!