狙い目の中高年求人はコレだ!

おすすめの求人は?

35歳定年説のなかで中高年エンジニアの求人需要について

システムエンジニアの35歳定年説

システムエンジニアの35歳定年説

中高年の求人は少ないとよく言われます。求人の際に年齢制限をすることは基本的にNGですが、応募をしてみたものの中高年の方はなかなか新しい職場が見つかりにくい、というのはみなさん感じられることのようです。なかでも技術職、特にシステムエンジニアでは「35歳定年説」という言葉があります。

「35歳定年説」とは何か

言葉自体はけっして最近のものではありません。1970年代ごろからそのようなことは言われ始め、既に1980年代には業界内に共通の認識のようなものができあがっていたようです。35歳を超えてしまうと、もう職業としてシステムエンジニアをやっていくのは限界がある、というわけです。その理由のひとつには、体力的なものがあります。いまでもシステムエンジニアという職業は過酷なものだというイメージが拭えませんが、前々からそういった長時間勤務、不規則な生活を強いられていたわけです。若いころはまだ体力があるために無理ができるものの、35歳ぐらいになると体力も衰えてきて、そう無茶もできなくなってくる、ということです。
二つ目には、そのような働き方をしていると新しい技術を勉強する時間がないものの、仕事で用いる技術はどんどん変わっていくためにそれに追いつけない、若いころに培ったものもいずれは無用の長物となってしまう、ということもあります。
最後に、旧来の会社のあり方として年功序列で給料が決まっていれば、入社3年ほどのバリバリ働ける若者に対して、入社10年を超えるそこそこ働けるような人のほうがコストがかかってきてしまいます。同じ働きをするのであれば若者がいい、というわけで中高年は敬遠されるわけです。
もちろん、それらは社会の変化によってかなり改善されました。昔のようにプログラマがみんな苛烈な労働環境にいるわけでもなく、ゆとりをもって働けている人も多くなりました。給与体系についても、年功序列だけでなく、その人の実力によって評価される時代になってきています。もっとも、だからといってその「35歳の壁」がなくなったわけではなく、中高年のシステムエンジニアの転職は若者よりは難しいのが、事実としてはあります。

フリーランスになり負の点を回避

そこでフリーランスになるという道があるわけですが、会社員ではなくフリーランスであれば、自分の体力にあわせた働き方ができますし、勉強の時間もとることができます。会社に強制されるわけではありませんから、自分を律する努力は必要にはなりますが、ストレスから解放されたスタイルを構築することができます。コストの面でいっても、フリーランスであれば「この人は何ができるか」という点を重視されますから、単に若いから、中高年だから、ということで比較されることはありません。ですから、中高年で壁を感じているようなら、フリーランスになる道を検討すべきなのです。

中高年の方におすすめの記事

ページトップへ

Copyright (C) 2015 狙い目の中高年求人はコレだ! All Rights Reserved.

狙い目の中高年求人はコレだ!