狙い目の中高年求人はコレだ!

おすすめの求人は?

中高年求人では若者にはない強みが求められています

若者に勝てる強みを

若者に勝てる強みを

転職といえば「第二新卒」といわれる若年層が中心だとされていましたが、最近では中高年の転職も珍しいものではなくなっています。とはいえ、若年層と中高年では求められているものが異なっているのは当然のことです。中高年の転職で求められているものはなにか、そのためには何をすればいいかについて説明していきましょう。

中高年に求められているものとは

まず、簡単な話から始めます。例えば新卒や第二新卒の場合、企業側は経験を求めているでしょうか。これは明確に「求めていない」といっていいでしょう。学生時代にアルバイトをしていたからといって、正社員とアルバイトでは責任も違えば仕事の内容も違いますので、入社後にその経験が生きるかどうかといえば微妙なところです。あくまで本人の適性と能力、熱意が求められているといっていいでしょう。これに対して、中高年の場合は前提として「社会人経験が長い」というのがあります。つまり、これまでに社会人として生きてきた経験が必要とされているのです。逆にいえば中高年になっても社会人としての経験が乏しいケースでは、転職市場では厳しいといっていいでしょう。

重視されるコミュニケーション能力

この経験の中には、いわゆる「コミュニケーション能力」も含まれているのです。例えば、管理職として的確な判断を行う能力にしても、部下にその判断が正しく伝えられるコミュニケーション能力がなければ宝の持ち腐れです。自らの経験を基に部下を育成するにしても、指導に当たって指示が的確に伝わらなければ育つ部下も育たないでしょう。クレームや事故処理、業界内での人的ネットワークの構築については、コミュニケーション能力がなければお話にならないといっていいでしょう。つまり、若年層の採用と比較してコストが必要となるにもかかわらず、企業側が中高年の経験を欲しているのは、その経験を社内にフィードバックしてほしいからなのです。それが的確に行うために必要なのがコミュニケーション能力だと言っていいでしょう。中高年である以上、転職後は指導的な立場になることが容易に想像できます。実務能力もさることながら、コミュニケーション能力が必要なのです。

「日本コミュニケーショントレーナー協会」

とはいえ、技術畑一筋でコミュニケーション能力とは無縁の社会人経験を送ってきたという人もいるかもしれません。実務能力はずば抜けていても、コミュニケーション能力に難を抱えているというケースは珍しいものではなく、企業側もそれは重々承知しているでしょう。しかし、転職市場ではそれがマイナスとなってしまう可能性は否定できません。そういうあなたは一度「日本コミュニケーショントレーナー協会」のホームページをチェックしていてはいかがでしょうか。一流ホテルの創業メンバーをはじめ、コミュニケーションが必要になる場で経験を積んできたトレーナーがそろっています。

現場の経験を生かした指導で、あなたのコミュニケーション能力のアップに寄与してくれることでしょう。転職希望はあるが、コミュニケーション能力に自信がないというあなたは、一度指導を受けてみるのもいかもしれません。

中高年の方におすすめの記事

ページトップへ

Copyright (C) 2015 狙い目の中高年求人はコレだ! All Rights Reserved.

狙い目の中高年求人はコレだ!