狙い目の中高年求人はコレだ!

おすすめの求人は?

中高年求人が少なく感じるのはグローバル型による影響もあり

グローバル型への移行

グローバル型への移行

中高年の転職は非常に厳しい時代であるといわれています。中高年の求人が少ない理由、それは一体どういった理由があるのでしょうか。それは、自発性を求める企業が増えてきていることが挙げられます。

外資系企業化が進んでいる

最近では、中高年の転職は、非常に厳しい時代であるといわれています。中高年の転職は、そもそも求人数が少ないのです。そこで、中高年の転職を成功させるためには、どのような企業が増えてきているのか、ということを知っておく必要があるのです。
まず、ここ数年では、日本企業の外資系企業化というものが、急速に進んできているのです。日本企業といえば以前までは終身雇用制度というものがあり、協調性、そしてチームワークなどを重視する傾向がありました。しかし、最近では、こうした協調性などよりも、競争や、実力主義である企業が増えてきています。これは、長引く不況や、円高、少子化などのグローバル化の波によるといわれています。

求められる人材は自主行動型

このため、中高年の転職市場においても、企業が求める人材というのは、今までの様な協調型よりも自主行動型にシフトしているといえるでしょう。今までは、一度就職してしまえば安泰である、と思われていた大企業なども倒産、リストラの波となっています。さまざまな大企業が大規模人員削減をしている中、自主行動できる人材が必要とされています。
今、企業が求めている人材とは、「協調型」というものよりも、「自主行動型」となっており、今後は支持されたことだけではなく、自ら考え、行動できる人材を育成したいと考えている企業が少なくありません。また、創造力、発想力と言うものも求められています。

実力主義である最近の日本

このように、最近は、終身雇用制度というものが崩壊し、日本は外資系企業に近い、実力主義となっています。社内公用語を英語にしている企業なども少なくありませんし、またこうした企業はさらに増えていくといわれています。中には今までいた日本企業が買収され、突然外資系企業になるという事も珍しくありません。このように、突然社内公用語が英語になってしまったと悩んでいる方も少なくないのです。
このため、これから中高年の方が転職を成功させるためには、終身雇用制度という考え方を捨て、自分の実力で勝負をしていくという気概が必要となります。また今までの経験だけではなく、創造性やアイデアと言ったものなども大切となります。逆に考えると、中高年であるとしたとしても、その人自身に十分に実力があれば、企業からも引く手あまたであるといえます。転職を成功させることができる可能性はたくさんあるといえるでしょう。

中高年の方におすすめの記事

ページトップへ

Copyright (C) 2015 狙い目の中高年求人はコレだ! All Rights Reserved.

狙い目の中高年求人はコレだ!